BLOGブログ

最近のブログ

カテゴリー

カーテンがない暮らしを頭の中で見学してみませんか?

2020.3.26

Pocket

こんにちは。梅の花が咲き、桜ももうすぐ満開ですかね。春よ来い来い早く来い。春服を着るのが楽しみ過ぎてホップステップボブサップです。あっ、またまたあそパンマンの口癖が出ちゃった。前置きが長くなってすみません。WONDOOR -ワンドア- のコーディネーター伊藤です。

 

突然ですが、今回は皆さんに頭の中で間取りの体験をしてもらおうと思います。頭の中で想像しながら読みすすめてもらえると嬉しいです。

あなたのお家は光に満ちた明るい空間で、家族の輪を大切にした間取りで、より暮らしやすさを追求したこだわり満載のお家です。玄関ドアを開けた瞬間、眩いばかりの光に満ちた空間が目の前に広がります。そして、この明るさが、朝から日が落ちるまでの間ずっと続きます。そんな明るくて気持ちいい玄関の脇には、まとまった休みがある度に、家族で楽しむキャンプ道具があります。キャンプ道具の多くはご主人さんこだわりのsnowpeak。さらには、お子さんの自転車などを置くための土間収納を設けました。

 

少しでもこういった収納があると、便利ですよね?あなたがキャンプはしなかったとしても、趣味の道具やバーベキューで使う椅子やテーブルなんかも、この場所に置いておくことが可能ですからね。玄関でお気に入りのコンバースのオールスターを脱ぎ、玄関ホールを北の方向に進むと、ダイニングキッチンへ続きます。

 

WONDOOR,四国中央市,新築,マイホーム,工務店,注文住宅,マイホーム計画,平屋,おしゃれな家,シンプルな暮らし

 

ご覧のように、ダイニングにもキッチンにも、玄関同様に、中庭からの光がたっぷりと降り注ぎます。朝は、気持ちいい朝日に包まれながら、家族みんなで朝ご飯を食べられるし、夜は夜で、カーテンいらずの窓の向こうに見えるウッドデッキや星空を見ながら、家族団らんを楽しむことが出来ます。素敵な暮らしですね。

 

キッチンに立っていても、清々しい気分で家事をこなすことが出来ます。空を眺めながらの料理は当然心が豊かな状態ですから作った料理も美味しく出来ないわけがありません。また、キッチンからは、ダイニングやリビングだけじゃなく、玄関の様子や洗濯物の様子も、全てを見渡せるようにしています。

 

さらに、キッチンから子ども部屋の様子も見渡せるように設計しています。中庭を挟んで、子ども部屋とダイニングキッチンを設けることで、お子さんが自分自身の部屋で遊んでいても、お母さんの気配を感じることが出来るため安心して遊べます。時にママ友が遊びに来ても、子どもたちは子どもたちの部屋で遊び、お母さんたちは、ダイニングキッチンで、窓越しに見える子どもたちの様子を見ながら、淹れたてのコーヒーとケーキを食べながらゆっくり談笑できます。

なかなか魅力的な時間ですよね。

キッチンの裏には、広めのパントリー収納をつくりました。しかしながら、どうしても小物を置くことが多くなるのがキッチンやリビング周辺なので、この収納は、管理しやすいように2つのことを工夫しています。

 

四国中央市,工務店,マイホーム,新築,WONDOOR,ワンドア,整理収納アドバイザー

 

1つ目の工夫は、奥行きの深い収納にしないということです。

奥行きの深い収納は、手前に出来る余ったスペースに、ついついモノを置いてしまうので、奥のモノが取り出しにくくなってしまいます。更に、奥に置いてあるモノを忘れてしまったりも。その結果、また同じモノを買ってしまって無駄な出費につながります。(私もよく同じモノ買っちゃうんです…)

ですので、棚の奥行きを浅くしてもらい、数を多くつくってもらいました。そうすることで、手前にモノを置けなくしています。

 

また、収納で忘れてはいけないのが、収納量は、床の広さに比例するのではなく、壁を上手く使ったかどうかに左右されるということです。これが、2つ目の工夫です。

 

想像して下さい、例えば、幅1m×奥行き1mの収納があるとします。そこに奥行き50cmの棚を2枚置いた場合、そこには50cmの棚が3段あるということになります。(棚2枚と床で3段です)そこには50cm×3=1m50cmの棚があることになります。

一方で、幅は同じく1mとして、収納の奥行きを50cmとしたら、単純に収納の床面積は半分になりますが、もし、そこに奥行き50cmの棚を5枚置いたとすると、50cm×6=3m分の棚があることになります。床面積は半分なのに、収納力は2倍になったということになります。しかも、そもそも収納自体に奥行きがないため、棚の手前にモノを置くことも出来ず、結果的に、整理も管理もしやすくなるというわけです。

 

これらの工夫により、コストを削りながらも、使いやすさはアップ出来るというわけです。心豊かな暮らしには、お家の中のコーディネートの工夫も大切ですが、このように間取りや光の入り方、プライバシーの確保という部分もとっても大切です。そして、収納をどうするのか?ということも重要です。ということで、整理収納アドバイザーの伊藤がお伝えしました。続編があるので近日中にブログを書きますので楽しみにしておいてくださいね。

 

WONDOOR,ワンドア,四国中央市,注文住宅,おしゃれな家,平屋の家工務店,自由設計,デザイナーズ住宅,平屋の家

【それは、今までにない新しい世界】

WONDOOR -ワンドア- は愛媛県四国中央市を中心に平屋からはじめる注文住宅を建てている工務店です。住まわれるご家族の今の状況だけではなく、ずっと心豊かな暮らしを考えた家づくりをしています。

ほぼ毎日無料で暮らしの相談会を開催していますので、マイホーム計画での不安や悩み、疑問がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

コーディネーター 伊藤 明日香

カテゴリー:ブログ
↑TOP